仕事内容とは

勉学

教えることが難しい日本語

日本人なら誰でも簡単に日本語教師の仕事に就ける、そう思う方もいることでしょう。しかし、実際に「日常生活で日本語を使用すること」と「生徒に日本語を教えること」では話は変わってきます。

技術が必要

日本語教師の仕事では、教える技術が必要とされています。私たち、日本人は日本で生まれ育って日本の文化や環境について詳しいですが、海外の方はどうでしょう。日本について知っていることは少ない方ばかりです。ですから、日本のノウハウを一から習得させる技術が必要になるのです。

教育という仕事

日本語教師も教育者ですから、海外の方に日本語について、正しく理解してもらわなければいけません。確かに、日本語の簡単な会話を教えることは可能です。しかし、教師である以上、その人が日本で生活するのに困らないレベルの日本語を習得してほしいはずです。ですから、養成学校で日本語教師のノウハウを学ぶ方が増えているのです。

教師に向いている人ランキング

no.1

コミュニケーションが好きな人

日本語教師は人に教え、指導する立場ですから、コミュニケーション能力は必須のスキルになります。特に、日本語教師に求めてられる人材は、どんな国の人でも分け隔てなく接することができる人や相手のことを考えてコミュニケーションをとれる人です。

no.2

表現力が豊かな人

日本語を国外の人にいかにわかりやすく説明できるか、日本語教師に求められています。そのため、表現力が豊かなことも、日本語教師にとって重要になってくるのです。日本語教師の中には、イラストや図形を使った授業を行う方もいます。

no.3

異文化交流したい人

海外の方と異文化交流したいという人にも、日本語教師はおすすめの職業になります。日本語を教える生徒の大半は、一人一人違う国や都市で育っています。そのため、他の国の言語や文化について、知ることができるのです。

no.4

日本の文化に詳しい人

日本語を学びに来ている生徒の多くは、日本の文化に興味を持っている人ばかりです。つまり、日本の文化に詳しいと生徒と距離を縮めて、フレンドリーに話すことができます。ですから、日本の文化に詳しい人も日本語教師がおすすめなのです。

no.5

人との関わりを大切にできる人

生徒は一人一人、育ってきた価値観や文化、環境が違うため考え方も異なります。そのため、一人一人に合った距離感を大切にしなければいけません。また、どんな生徒にも根気強く関わっていける精神も大事です。

日本語教師が増加している

日本語教師の仕事とは、国外の方に多く関わる仕事になります。そのため、日本以外の様々なカルチャーを知ることができます。また、国外の方とのコミュニケーション能力が確実にアップするために、日本語教師を目指す方も多いのです。

日本語教師に関する記事

勉学

仕事内容とは

日本語教師の仕事は誰もが思っているほど、簡単なものではありません。海外の方にきちんとした日本を教えるのが、日本語教師の仕事。ですから、他の教職と同様に教える技術が必要と言えます。

READ MORE
教材

日本語教師になるために

日本語教師として、働くには主に三つの方法があります。その三つの方法とは「能力検定試験に合格すること」「養成講座を修了すること」「大学・大学院を卒業すること」になります。特に、すぐに現場で活躍したい方はこちらが必見です。

READ MORE
女の人

海外の方との接し方

海外の方とコミュニケーションを取る方法は沢山あります。その中でも「笑顔」と「ユーモア」が海外の方とのコミュニケーションに必須になってきます。笑顔とユーモアは万国共通のコミュニケーションツール。あなたも日本語教師を目指すなら笑顔とユーモアを大切にすべき。

READ MORE
男の人

養成学校に通おう

日本語教師の養成学校があることをご存知でしょうか。養成学校では、現場でも通用する日本語教師を育成する学校であり、近年では受講する方も増えています。もしも、将来的に日本語教師を目指すなら、通うことを検討してもいいでしょう。

READ MORE
広告募集中