日本語教師になるために

教材

日本語教師として働く

日本語教師で働く場合では、教員免許は特に必要がありません。しかし、日本語の知識や日本語の基本的な教え方について、どの職場でも問われます。そのため、日本語教師になるためには、資格取得や養成講座を修了していなければならないのです。

検定試験合格者

まず、日本語教師になる方法の一つ目として、「日本語教育能力検定の合格」が挙げられます。この試験は日本で年間に一度しか行われておらず、毎年多くの受験生が受験します。全受験生に対する合格率は約2割とされていて、試験を合格するには、しっかりと対策をしなければなりません。

養成講座を修了した者

二つ目として、「養成講座を修了した者」が挙げられます。この養成講座は日本にある日本語教師養成学校で受講することができます。講座自体は420時間で修了し、日本語教師のスキルを身につけることが可能です。また、この条件は、多くの教育機関で求められる過程ですから、日本語教師を目指すなら受講することをおすすめします。

大学・大学院を卒業する

大学や大学院を卒業することでも、日本語教師になることができます。特に、大学や大学院で教員免許を取得していると、すぐに日本語教師として、採用される可能性も高いです。しかし、教員免許を取得している方は大抵の場合、中・高の学校で働いていることが多いのが、現状です。

すぐに働くには

日本語教師として、すぐに働くには「検定試験に合格する」か「420時間の養成講座を修了する」の二つでしょう。どちらも養成学校に通うことで条件をクリアできますので、通うことを検討してみてはどうでしょうか。

日本語教師に関する記事

勉学

仕事内容とは

日本語教師の仕事は誰もが思っているほど、簡単なものではありません。海外の方にきちんとした日本を教えるのが、日本語教師の仕事。ですから、他の教職と同様に教える技術が必要と言えます。

READ MORE
教材

日本語教師になるために

日本語教師として、働くには主に三つの方法があります。その三つの方法とは「能力検定試験に合格すること」「養成講座を修了すること」「大学・大学院を卒業すること」になります。特に、すぐに現場で活躍したい方はこちらが必見です。

READ MORE
女の人

海外の方との接し方

海外の方とコミュニケーションを取る方法は沢山あります。その中でも「笑顔」と「ユーモア」が海外の方とのコミュニケーションに必須になってきます。笑顔とユーモアは万国共通のコミュニケーションツール。あなたも日本語教師を目指すなら笑顔とユーモアを大切にすべき。

READ MORE
男の人

養成学校に通おう

日本語教師の養成学校があることをご存知でしょうか。養成学校では、現場でも通用する日本語教師を育成する学校であり、近年では受講する方も増えています。もしも、将来的に日本語教師を目指すなら、通うことを検討してもいいでしょう。

READ MORE
広告募集中