養成学校に通おう

男の人

日本語教師養成学校

近年では、日本語教師の資格を養成学校に通って取得する方が増えています。なぜ、日本語教師の資格をわざわざ養成学校に通って取得するのか?その理由は充実しているカリキュラムにありました。

ノウハウを学ぶ

養成学校では、日本語教師のノウハウを徹底的に教えてくれることから人気を集めています。資格取得はもちろんのこと、教師が現場での指導力や問題解決力を実践してくれるので、自身も能力を身につけることができるのです。

様々な教材や教具

日本語教師も人に教える仕事なので、数々の教材や教具を使用します。そして、養成学校では、実際に授業で使える様々な教材や教具の作り方や効果が高い使い方を生徒に学ばせます。

現場でも役に立つ

現場で必要なスキルを養成学校で学ぶことができるのも、魅力でしょう。例えば、声の出し方、板書の仕方、教壇での立ち位置など当たり前で難しいことも丁寧かつ徹底的に指導します。そのため、卒業後すぐに教壇に立っても、臆することがない実力を養うことができるのです。

スクールで学んだ人達

レベルの高い授業

日本語教師の授業は、私達、日本人にとって簡単なものだろうと思っていました。しかし、スクールで授業を受けて考え方が大きく変わりました!スクールでは、わかりやすい授業だけでなく、実際に現場で役に立つスキルを伝授してくれます!(男性 34歳)

理論力と実践力が鍛えられた

日本語養成学校に通って一年、以前よりも物事を理論的に説明できるようになりました!また、実践能力も確実に向上しているため、自信を持って現場に出ることができました!本当にスクールに通って勉強して良かったと思っています!(女性 27歳)

指導力が凄い!

スクールに通って、プロの講師の指導力を思い知らされました。丁寧かつ、わかりやすいレッスンで満足度が高いと言われる理由が通ってみて、分かった気がします(笑)これからも、スクールの講師をリスペクトして、日本語教師として頑張ります!(男性 23歳)

きっちりと教えてくれる

私はスクールで420時間で修了するコースを選びました。このコースでは、理論、実践、問題解決が徹底しているだけでなく、日本語教育能力検定の対策カリキュラムも導入しているため、試験も簡単に合格することができました!(女性 24歳)

現場で通用する

日本語教師になって一年、スクールで学んだことが日々活かすことができて、通って良かったと思うばかりです。特に、スクールで学んだ文法知識や現場での指導力はとても働く上で、重要だと思います!日本語教師を目指すなら、スクールに通うべき!(男性 35歳)

日本語教師に関する記事

勉学

仕事内容とは

日本語教師の仕事は誰もが思っているほど、簡単なものではありません。海外の方にきちんとした日本を教えるのが、日本語教師の仕事。ですから、他の教職と同様に教える技術が必要と言えます。

READ MORE
教材

日本語教師になるために

日本語教師として、働くには主に三つの方法があります。その三つの方法とは「能力検定試験に合格すること」「養成講座を修了すること」「大学・大学院を卒業すること」になります。特に、すぐに現場で活躍したい方はこちらが必見です。

READ MORE
女の人

海外の方との接し方

海外の方とコミュニケーションを取る方法は沢山あります。その中でも「笑顔」と「ユーモア」が海外の方とのコミュニケーションに必須になってきます。笑顔とユーモアは万国共通のコミュニケーションツール。あなたも日本語教師を目指すなら笑顔とユーモアを大切にすべき。

READ MORE
男の人

養成学校に通おう

日本語教師の養成学校があることをご存知でしょうか。養成学校では、現場でも通用する日本語教師を育成する学校であり、近年では受講する方も増えています。もしも、将来的に日本語教師を目指すなら、通うことを検討してもいいでしょう。

READ MORE
広告募集中