日本語を教える仕事

メンズ

日本語を必要とする人達に

近年では、日本の文化に関心を持っている海外の方も増加しています。そのため、日本語を学びたいと思っている方も多いのです。そんな、日本語を母国としていない外国の方に、日本語を教える語学の教師が日本語教師になります。

国語教師と日本語教師

国語教師とよく間違えられるのが日本語教師ですが、どのように違いがあるのか知らない方も多いでしょう。
日本語教師は、
・海外の方をターゲットとして日本語のみを教える語学の仕事
対して、国語教師は、
・国内の学校で、国語に関する全般のことを教える語学の仕事
となります。また、国語教師は国家資格が必要であることに対して、日本語教師は必要ないことも特徴です。

日本語を学ぶ生徒

日本語を学びくる生徒は、国籍、言語、文化がそれぞれ違います。また、ビジネスマンや主婦、学生と日本語を学びに来ている生徒の年層もバラバラです。そのため、日本語教師には、高いコミュニケーション能力が要求されます。

日本語教師に必要なスキル

日本語教師になるために、必須な国家資格はありませんが、民間資格で「日本語教育能力検定」というものがあります。この日本語教育能力検定に合格していないと、国内の学校やスクールで日本語教師として雇ってもらえない可能もあります。ですから、日本語教師を目指しているなら、資格を取得しておきましょう。

<PR>
日本語教師として教壇に立つ!
即戦力が身に付くスクールを紹介!

学校に通う

近年では、日本語教師を育成するための養成学校が全国各地に展開しています。コースは、半年間で日本語教師としてのノウハウを集中的に学ぶコースから、一年間で日本語教育能力検定の取得に向けてみっちり勉強するコースまで様々なプランがあります。

資格を取得するメリット

面接で有利

資格を取得することで、各学校で面接することで資格を持っていない方よりも有利になります。また、資格を持っていることで、面接官にアピールするポイントが増えて、面接での好感度をアップさせることができます。

自信が持てる

資格を持っておくと、自信を持って外国人の生徒に日本語を教えることができます。そして、それは生徒にも言えることで、資格を持っている教師に教わることで安心感ができます。そのため、資格を持っている方の授業が人気なのです。

必要な知識が習得できる

日本語教育能力検定は日本語教師になるために、必要な学習範囲を幅広くカバーしています。つまり、この試験に合格した時点で日本語に必要な知識を習得しているということになります。

定年でも活かせる

資格を取得すると余程のことがない限り、剥奪されることはありません。そのため、一度取ってしまえば、定年後でも活かせる可能性があるのです。特に、教職は知識と経験がものを言うので、資格を持っているだけで有利です。

複数の資格で付加価値

日本語教師の場合、介護の資格や現地の通訳の資格を取得していると、給料アップが見込めます。ですから、日本語教師を目指すなら、合わせて役に立つ複数の資格を取得するのもいいでしょう。

日本語教師に関する記事

勉学

仕事内容とは

日本語教師の仕事は誰もが思っているほど、簡単なものではありません。海外の方にきちんとした日本を教えるのが、日本語教師の仕事。ですから、他の教職と同様に教える技術が必要と言えます。

READ MORE
教材

日本語教師になるために

日本語教師として、働くには主に三つの方法があります。その三つの方法とは「能力検定試験に合格すること」「養成講座を修了すること」「大学・大学院を卒業すること」になります。特に、すぐに現場で活躍したい方はこちらが必見です。

READ MORE
女の人

海外の方との接し方

海外の方とコミュニケーションを取る方法は沢山あります。その中でも「笑顔」と「ユーモア」が海外の方とのコミュニケーションに必須になってきます。笑顔とユーモアは万国共通のコミュニケーションツール。あなたも日本語教師を目指すなら笑顔とユーモアを大切にすべき。

READ MORE
男の人

養成学校に通おう

日本語教師の養成学校があることをご存知でしょうか。養成学校では、現場でも通用する日本語教師を育成する学校であり、近年では受講する方も増えています。もしも、将来的に日本語教師を目指すなら、通うことを検討してもいいでしょう。

READ MORE
広告募集中